違いのわかる女


友人K嬢のコダワリの一端を垣間見ることのできる記事、「正しい日本語 正しくない日本語」

人によっては「なにそれ」ってことかも知れないが、
やはりある種の言葉への固執を持つ私にとっては、彼女のこうした苛立ちも十分に理解できる。

もっとも私自身は特別語学について見識が深いわけでも語彙が豊かなわけでもないのだが、
どうにも自分の中で本能的に許せない響きや表記が割合多くあるようだ。
中でも私が苦手とするのは、ある一定の言葉の「カタカナ表記」。
タイトルやキャッチコピーみたいな目立つ部分で
「バッチリ」とか「タップリ」とか書かれると、もう虫唾が走る(特に後者)。




正しいとか正しくないとかいう話では全くないし、むしろ何一つ間違っちゃいないのだが、
もうこの語感の痛さ、いや、痒さ?といったらない。
うまく説明できないのだが、それを自分でタイピングしていたら全身が痒くなりそうなのだ。

10年前ならいざ知らず、わずか数年前の選挙の投票を呼びかける啓発ポスターに
若い男のセリフとして「モチ、決めに行くさ!」と書かれているのを
事務所の過去データで見つけたときは、
勢いあまってその場でデータを消去したいほどの衝動に駆られてしまった。
このコピー自体がすでに決まってないことこの上ない。選挙の投票率など推して知るべし。


・・・カタカナで思い出した。

私が子供の頃から非常に気に食わなかった言葉がひとつある。
ここ北海道を代表する魚といえば、そう、「鮭」だ。
そしてこの魚、何故かオトナ達はみんな「シャケ」と言っている。
なんでだよ!?どっから見てもこの漢字(鮭)を「シャケ」とは発音できないだろ!!?
と、子供心に許せなかったのだ。何故かと訊かれてもわからない。
「鮭」と「シャケ」の違いが人生においていかほどの重要性があるのかと問われれば、
全くもって鼻くそのようなどうでもよさなのだが、幼少の私は兎に角この響きが大嫌いで、
身近な大人が「シャケ」と言うと内心「キーッッ」となったものだった。

そして三十路の現在。思わずおにぎり屋さんで「シャケ」と言ってしまった自分に気がつく。

・・・・・・大人になるって、こういうことだったのかな・・・・・


ところで、そんな話だったか?
[PR]