閑話休題。 バイクに乗ると知らない人から(ry その4

芋の話ばかりと言うのも何だから、ちょっとここで休憩して
知らない人から・・・の最近の話を2つほど。

2週間くらい前、朝いつものようにT大のとある学部の棟へ届け物に。
玄関前にバイクを止めると、一足先にカブを止めてエレベーターへ向かうおじさんがいる。
私はいそいでヘルメットを脱ぎ、パニヤケースから荷物を取り出したが、
その頃にはエレベーターの扉が開き、おじさんが乗り込むのが玄関のガラス越しに見えた。

あ~遅かったか、と思いつつ足早に近づいて行くと、
まだ開いているエレベーターの扉からひょっこりとおじさんが顔を出し、こちらを見て待ってくれている。
この棟にはエレベーターが1機しかなく、一度乗り損なうとなかなか来ない。
互いに顔を知らなくとも、出入り業者同士の助け合いってやつですな。

急いで走って行って乗り込み、「いやすみません、助かりました」 と挨拶すると、
おじさんニコニコと 「あれで何ccなんですか?」。

おっと、ここでナンシーさんの登場です。笑

400だと答えると、「あれで400なんだ。かっこいいね!」 と嬉しそう。
最後に、「バイクはいいですよね!」 と楽しそうに言って降りて行きました。
忙しい時でも、こういうのって和むよね。



二つ目は、つい一昨日の話。
とある大学の難病系の研究所へお届け物に行き、門前の道路わきにバイクを止めた。
メットを取りグローブを外して荷物の用意をしていると、
私のバイクの前に止まっているトラックの傍に、荷待ちらしい作業着のおじいちゃんが立っている。
なんか視線を感じるなー、と思いつつも、急いで荷物を届けに建物の中へ。

無事にお届けが終わってバイクに戻ると、さっきのおじいちゃんがニッコニコ笑顔でこちらに向かって
「お姉さん、バイク歴は長いの?10年くらい乗ってるのかい?」 

いやいやとんでもない。笑

「いえいえ、まだ1年ちょっとです」 と答えると、ちょっとびっくりして
「随分慣れてるからもう長いこと乗ってるのかと思ったよ。 いや、上手いなぁ、バイクが好きなんだね!」 
と、嬉しそう。

「俺も昔は乗ってたんだよ、今はもう降りちゃったけど。」
 ああ、やっぱりそうでしたか。笑

「お姉さん、急ぐのかい? 昔乗ってたバイクの写真があるんだよ!」
 おじいちゃん自分がバイク好きだから、嬉しいんだろうなぁ。 それはぜひ拝見させてくださいな。

免許証と共に取り出した小さな白黒写真には、颯爽とバイクにまたがる若かりしおじいちゃんの姿が。
いまは、ちょっと薄くなった頭に丸い顔の人懐っこそうな笑顔がかわいらしい感じのおじいちゃんですが、
写真の中の青年は黒々と豊かな髪をかっこよく整えてあって、なかなか凛々しいじゃないですか。

「俺じゃないみたいだろ? ばあさんに危ないからやめろって言われたから、もう乗ってないけど」

そして免許を見せながら、バイクや車が大好きでバイクの免許も自分で取ったんだと、
子供のような顔で嬉しそうに話してくれました。

そんなわけで、荷物を持った若者がトラックに戻ってくるまで、しばしバイク談義。
おじいちゃんはとても満足そうに、トラックの助手席へ戻って行きました。
ありがと、おじいちゃん。私も楽しかった。

写真に写っていたおじいちゃんの自慢のバイクは、HONDAのCB72でした。
[PR]
by midori_design | 2011-02-26 23:32 | バイクでGO!