整備記録

2011年3月31日の整備記録。

本日はメーターケーブルを交換してもらった。
その際に、M氏が効きの悪くなったフロントブレーキと硬くなったクラッチを応急処置してくれた。
こんなになる前に言えと指摘されました。 いつもすんません。

アメリカンだからってのもあるが、リアブレーキをメインに使っているため
正直に白状すると、フロントブレーキの効きについては自分では大きく支障を感じていなかったのだが、
要は慣れてしまっていたただけのこと。 もっと注意深くなくてはならないね。反省反省。

ガチガチだったクラッチの操作は劇的に軽くなったが、ブレーキにせよクラッチにせよ
応急処置でしかないということなので、再びパーツを注文しなくてはならない。



ちなみに現在オドメーターが示す走行距離は19,424kmだが、
メーターが止まってから400~500kmほど走っているはずなので、実際には
そろそろ20,000kmに届くかな~、位の走行距離になっていると思われる。
実は、あの地震があった日のかれこれ一週間前から、メーターが動かなくなっていたのだったw

その日は客先へ向かう途中でリザーブに入ったので、ガソリンスタンドで給油し、トリップメーターをリセット。
さーて出発!と走り出したら、スピードメーターの針がびたいち動かない。

『おっっっ???』

たまたま次の信号では先頭で停車してしまったが、そんな時に限って私の後ろには白馬の王子(白バイ)。
特に悪いことをしているわけではないのだが、内心 「なんだよ・・・」 と思いつつ(笑)
エンジンの回転音で  「たぶんこれで50キロだと思うけど?」 的な速度を保って走行。

一定の距離を保ち後をつけて来る白馬の王子に別れを告げ (被害妄想。行く方向が同じなだけw) 、
目的地に到着した後、M氏にメーターの件を報告すると 「ケーブル切れてるね」 との返答。
一仕事終えてから早速注文したのだが、その後地震やら何やらで交換がすっかり先延ばしになっていた。

スピードメーターが死んでいたところで、エンジン音と周囲の流れでだいたいわかるから良いんだけども、
走行距離がわからないのは流石に辛いものがある。
何しろ、給油のタイミングが計りにくい。
地震でガソリン不足の時は、都内のガソリンスタンドがどこも営業してなかったり、
営業しているところも尋常じゃない長蛇の列で、ちょっとヒヤヒヤものだった。



まあそんなこんなで、やっと普通に走行できるようになったのは本当にありがたいことだ。
しかし、いい加減リアタイヤも減ってきたし、追加でまたいろいろパーツ頼まないと・・・
[PR]
by midori_design | 2011-03-31 21:37 | バイクでGO! | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。