ヨメに来ないか

今日は昼までに進行中の案件がこれ以上進めないところまで来たので、珍しくゴルフに行かなかった社長を残して私はとっとと事務所を引き上げた。

個人受注の仕事があるのでさほどゆっくりしてもいられないのだが、とりあえず植物園脇の「倫敦館」でキッシュランチを腹に詰める(おいしいんだけど、あの量で800円は高いなぁ)。折角なので、たまには気分転換に街中を物色しようと少しうろうろしてみたものの、かねてよりの疲労が暑さで一気に加速し、すっかりバテバテの身体を半ば引きずるようにして退散した。逃げるように帰ってきた自宅の部屋は随分ほったらかしにしていた為すっかり荒れ放題だ。今晩中に片付けておかなきゃしんどいな。洗濯物も山のようだ。いかん、このままじゃ着るものがなくなっちまうぞ。(男の一人暮らしじゃないんだから・・・汗



しかしあれだ。
いつもどおり事務所で仕事をして、終われば帰るし終わらなければ帰らない、みたいなことを続けていると、実は自分が個人事業主であることをうっかり忘れてしまいそうになる。そうだった。私はこれでも個人事業主なのだ。何も事務所に縛られる必要は無いはずなのだが。
じりじりと刺すような陽光とともに、何かじりじりとした気持ちを抱えている近頃の自分を肌に感じつつ、ふと「来年は確定申告初体験なんだなぁ」、と妙に現実的なことを考えていた。あやや、また仕事が増えちまうな、なんて思いながら。

身の処し方もそろそろ考えておかなきゃいかんな。
と言っても別に再婚する気があるわけではないしなぁ。(笑
かといって、この先数年は忙しくなることはあっても暇になることはないんだよねー。
・・・と考えていて、ハタと先日ちおりさんに言われたことを思い出した。

じゃぁ、いっそ嫁もらえば!?

その手があったか。。。
そう言えば、以前にも甲斐性のある嫁が欲しいって言ってた時期があったやうな・・・
私のいない間に掃除も洗濯もやってくれたら、そりゃさぞかし助かるだろう。
帰ったらご飯と味噌汁に漬物か酢の物、それに焼魚がありゃ最高だ。
その前に風呂でも入るか。
うーん、わりといいかも・・・

・・・って、これじゃただのオッサンです。ただでさえオヤジキャラなのに。笑

でも、甲斐性なしの私にはもしかしたらヨメもきついかも・・・
だって、ヨメ、かまわなかったら怒るでしょぉーー。
仕事が忙しかったら確実にほったらかしだし、家にも帰らないし。うーん。。。
そんなわけで、ヨメも諦めます。(そんな理由かいっ

こうなったら仕方がないので、奴隷募集。

職種:奴隷
仕事の内容:私の手となり足となり時には血となり肉となり・・・(食うんかーーー!?
資格:要普免。料理・洗濯・掃除ができる地球人優遇。(宇宙人でも応相談)
待遇:交通費・社保は勿論、給料もありません。だって奴隷だから。
備考:恋の奴隷不可。だって責任持てないから。

・・・・・ヨメよりいないよ、こんなの・・・・・
[PR]
by midori_design | 2005-08-06 20:31 | つれづれ時録 | Comments(9)
Commented by kaz-105 at 2005-08-07 11:13
複数確保して当方への派遣をお願いします。
Commented by midori_design at 2005-08-07 12:24
宇宙人でもいいデスカ。
Commented by kaz-105 at 2005-08-08 00:18
日本語環境に順応できれば可。
Commented by おみすけ at 2005-08-08 00:34 x
ちっ、日本の普免流してら。
Commented by midori_design at 2005-08-08 23:55
奴隷志願者キターーー!!! って、日本の普免なしか・・・
もういいや、日本がダメなら私がそっちに行くよ・・・
って、それじゃどっちが奴隷かわかりません。

ていうか、その前にパスポート持って無いし!!

Commented by おみすけ at 2005-08-09 00:15 x
センベエ博士も作れなかったし、
ドラえもんも出せなかった

夢の道具。

コードに引っかかるという創造性の対極にある理由がもっとも有力ですが。

だってドラえもんが

『○○どれ~』

とかって、あのポケットからおじいさんを出したりしたら・・・


 何が面白くて○○を飼うのだ。
 ノビタの部屋のの四畳半のぬかるみの中では、
 脚が大股すぎるじゃないか。
 腹がへるから堅パンも食うだろうが、
 ○○の眼は遠くばかり見ているじゃないか。
 身も世もないように燃えているじゃないか。
 るり色の風が今にも吹いてくるのを待ちかまえているじゃないか。
 あの小さな素朴な頭が無辺大の夢で逆まいているじやないか。
 これはもう○○じゃないじゃないか。
 人間よ。もうよせ、こんなことは。


ドラえもん、放送禁止。
Commented by midori_design at 2005-08-10 18:51
うわー、懐かしいな!しっかし、よく覚えてるよね、こんなの。
どうでもいいけど、○○はちょっとなぁ。
だって奴隷なのにメシ代かかりそうだし、仙人なのに世話かかりそうだし。(笑)
しかし、のび太の部屋が四畳半ってのはなんかピンと来ないなぁ。
あの絵の雰囲気ではもっと広い感じがしてたけど。
だってさ、私の部屋、リアルに四畳半だけどマジで狭いよ!?
タンスとライティングデスク(部屋が狭すぎてデスク本来の機能としては使えてない)、パソコンデスク(PC2台とCRTモニタ1台・スキャナ1台)、プリンタ(A3ノビ対応)、それと小物整理用のローチェストを無理やり入れているのでその狭さと来たら半端じゃありません。布団を敷くのが精一杯です。
そんなに狭くないこの家でなぜこんな部屋割りになっているかというと、
一番家に帰ってくる確率が低いから。
姪っ子と部屋を取り替える企画もあったけど、
こんなに陽があたらない部屋は子供には不健康過ぎるので、私が自ら却下。
でもさ、これでも一家の大黒柱になる人なんだから、
そろそろ四畳半はなんとかしてもらえないもんかね。仕事ができないよ。笑
Commented by おみすけ at 2005-08-10 20:58 x
二階建てベッドにすれば布団をひくスペースはいらなくなるよぅ。
一畳分の二階建てベッドを3つか4つ入れれば、ロフト気分。
Commented by midori_design at 2005-08-15 19:46
ところが、もともと本部屋なので大工が床から天井まで作りつけた本棚やら
取り外しをしない据え置きのストーブやらでそうしたベッドの設置は困難。
それ以前に、今後も機材が増えることはあっても減りはしないこと、
そこにロフト形式は圧迫感がありすぎて制作環境には不向きなこと、
風の通りが悪いので廃熱がたまりやすい(機材に良くない)ということもあり、
遅かれ早かれ作業場の確保をしなくてはならないことを考えると、
いまそこに投資するのはやっぱりもったいないねぇ。笑
まま、しかたない。もう少し我慢しましょうかね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。