懺悔の晩餐

先日自宅に帰ると、何やら食卓に真っ黒な棒が3本、皿の上に並べられておりました。
しかも帰宅した私を見たとたん「帰ってきた、帰ってきた!!」などと騒ぎ立て、
家人の挙動が不審です。ていうか失礼です。
一体これはどういうことなのか問いただそうと食卓に近づくと、
どうやらその真っ黒な物体は秋刀魚であるらしいことが判明。



・・・・・・・なにこれ・・・・・・・?

「真っ黒だけど、中は美味しいから!」と母。

いや、それはいいんだけどさ・・・また随分焼いたね、こりゃ・・・・

「あのね、大事件だったの。 消防車、来たさ」

・・・・・・・・・・・・・・・はっっ?

「ガレージで七輪に火起こして焼いてたんだけど、
秋刀魚の脂が落ちて煙がもくもく出ちゃって・・・・・
一通り焼き終わって煙が消えた頃、消防車のサイレンが聞こえてきたの。
どっか火事なんだなーと思ったらどんどん近づいてきちゃって、
こりゃまずい!!!って・・・・・。
でもしらばっくれてたら、探しながら通り過ぎて行っちゃったんだけど、
いやー、もうびっくりしちゃった!!」

・・・・・・・・びっくりしたのはこっちだつーの・・・・・・・

そんなわけで、その晩私は血税の滲んだ黒い秋刀魚を
噛み締めるようにして頂いたのでした。
うう、ごめんなさい、ごめんなさい・・・・・
[PR]
by midori_design | 2005-09-24 19:24 | 勝手にツッコミアワー | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。