かんじゃさま


ぶっちゃけどうでもいいんだけど、
見かけると気になってたのを思い出すシリーズ。

ちおり姐さんが書いていた記事へのコメントを読んでいて、
昨年から今春にかけて家の者の付き添いや見舞いで行った方々の病院で
ちょっと気になっていたことを思い出した。
それは、至るところに書かれた「患者さまへ」という文字である。
間違いではないのかもしれないが、
私にとっては何か違和感のある響きだった。
私の記憶にある限りでは、一般的に病院で「患者さま」と
呼ぶようになったのはほんの数年前からだったように思う。
近年の「医療もひとつのサービス業」という流れもあり、
患者への敬意を表した呼び方としてこうなったのだろう。



それにしても、「患者さん」にはとりたてて違和感も覚えなかったのに、
なぜ私は「患者さま」に対し妙な感じを受けてしまうのか。
あくまでも言語学的裏づけのある理論的な話ではなく、
個人的に受ける直感的印象だけで強引に分析してみる。

改めて考えてみると、「さん」は丁寧な中にもどこかくだけた感じがする。
「社長さん」「町長さん」という言い方には、何か言い手からの親しみを感じるのだ。
正しい正しくないの問題をよそに置いてしまってもいいような、近しい距離感がそこにある。

かたや「さま」はどうか。
「社長さま」「町長さま」・・・・・俄然おかしいのである。
営業の人が電話口でこれを言ったら、間違いなくあとで上司に注意される。

うーん、だとすると私のこの違和感は、
患者の尊厳・医療関係者からの敬意もさることながら、
患者と医療者との心の距離感を重視したいということだったのか?

いやいや、どうもそれだけが理由とは思えない。

原因としてもうひとつ考えられるとすれば、「患者」という言葉そのものだ。
私などは「人」を意味する「者」と言う文字があることで、
すでにこの言葉には一区切りついているように思ってしまう。
例えば「保護者」といった言葉のような独立した単語として。
そこに更にわざわざ「さま」をつけるのか、というのが素直な印象なのだ。
一般的に「保護者さま」よりは「保護者の方」という言い方のほうが自然なように思う。
同じように私には、「患者さま」よりも「患者の方」のほうが自然に感じられる。
「患者」に「さま」をつけて呼ぶのなら、「忍者」にも「さま」をつけていいのか、
みたいな、くだらない疑問がつい湧いてきてしまうのだ。

・・・・・と、ここで、新たな疑問が浮上する。
じゃぁ、「お医者さま」はどうなのよ・・・・・・?(汗

うーん、エンドレス。。。

それはまぁ置いといて、少なくとも「患者」というのは文字通り患っている人なのだ。
即ち病気という状態にある人のことであり、決して人格を差すものではない。
病により通常よりも体力的(或いは精神的)に力の劣る状態であることを考えると、
敬われるというよりはむしろいたわられる立場にあるということだけは間違いない。
その部分にだけ関して言えば、人としての尊厳・敬意という話とは全く無関係だ。
患っているから、いたわられる。ただそれだけのことである。
病と人格が別ものである以上、「患者」であることに対して敬われる必要はないのだ。
敬いは、その人の人格或いは存在そのものに対してなされれば良いのだから。
(こちらは逆に、病も全てひっくるめたものが人格・存在となりうる)

もしかしたら、「患者」という状態だけを表す言葉に無理やり
敬意を表そうとして「さま」をくっつけたものだから、その響きに
何かしっくりこない感じがしてしまったのではなかろうか。
極めて感覚的であるが、どうやらこれが、私の「違和感」に対する現時点での回答のようだ。

などと、また貴重な時間を使って何の役にも立たないことを考えてしまった。
勝手にツッコミアワーっていうより勝手に雑考タイムだった・・・

私の勝手な印象はともかくとして、さん・さまの用法に関する言語学的な正解は結局どうなっているのだろう・・・
[PR]