オークション・コレクション

オークションにはまっている。理由は簡単だ。
北海道に、しかも自宅にいながらにして、当地ではあまり数の出ないアンティークや
まだまだ着られるUSEDの着物が安価で手に入るからだ。
東京まで骨董市巡りに行く飛行機代がかからないのは有難い。
いや、まあ、結局行くんだけどさ。(笑

少しずつ数を増やしつつあるコレクション。
本気のアンティークは高価すぎて手が出せないけれど、
もしもそれが現代ものなら着用を躊躇するようなもの、
つまり「難有り品」となると、驚くような価格で手に入ることがある。
(私の場合は2,000~3,000円を購入決定の基本ラインとして、
これぞと思った時だけ、少々オーバーすることにしている。)
「難有り」の程度にもよるが、そもそもアンティーク好きにとっては
多少のシミ汚れや小穴、経年のくすみなど何の障害にもならない。
現代ものにはない柄行・色使い・布の風合いが放つ魅力はその欠点をカバーして余りある。
個人的な見解を言わせてもらえば、それらの欠点は全て
着物や帯の経てきた歴史なのであるからして、むしろ勲章と言っても良いくらいだ。
そして多少汚れているからこそ、思い切った着方ができる。そこがまた面白い。
アンティークやUSEDの着物には、新品の着物とはまた全く違った魅力があるのだ。




d0033422_3144018.jpg
ちょっと古い
津軽塗りの雪下駄
--------------------
4,000円で手に入れたものですが、まともに新品を買えば4~5万くらいするみたい。爪皮を作る職人がいないので、生産数がかなり減っているらしいです。鼻緒がちょいきついので、そのうち挿げ替えてもらおう。

d0033422_3103630.jpg
貝桶と草花文の
染め名古屋帯
(時代は不明)
--------------------
色も柄も素敵でしょ。経年のくすみもシミもあるけれど、それが気にならないほど、雰囲気のある帯です。
1,900円はお買い得。

d0033422_3191752.jpg
花びらや葉の先に、部分的に刺繍が入っているのがまたいい。

d0033422_324551.jpg
菊花に蜀江文の
染め名古屋帯
(時代は不明)
--------------------
蜀江文とは八角形と四角形をつなぎ、中に唐花を組み込んだ古典文様だそうです。この帯はあまり唐花をイメージさせない菊と葡萄(私は葡萄だと思う)の文様ですね。流水に紅葉も浮かんでいますし、晩夏から秋向けの帯なのでしょうか。

d0033422_3245119.jpg上品な色合いの染め帯で、非常に私好み。やはり、部分的に金糸などで刺繍が入っています。


d0033422_3263448.jpg
小菊に枝葉の羽織
(時代は不明)
--------------------
あちこちに汚れや傷み・ほつれがあり手入れが必要な上に、素材は正絹ではなく人絹(レーヨン)ですが、それでも十分に魅力的な色・柄です。超お買い得の700円也!


d0033422_3295516.jpg
羽織裏もとても素敵。

d0033422_33079.jpg
ほらね。いいでしょ。

d0033422_332327.jpg藤花に雪輪の
染め名古屋帯
(時代は不明)
--------------------
経年のシミ・くすみで着用には難があるのですが、素敵な柄行に惹かれてコレクションに。夜のお出かけなら大丈夫かなぁ。洗いに出せば少しはきれいになるのか?藤の花だから春から夏と思いきや背景には雪輪。こういう場合はどう解釈すれば良いのでしょう?

d0033422_3331221.jpg
裏も凝っていて、白地に橘や梅の文が。とてもかわいらしいですね。

d0033422_3382827.jpg立湧雲地紋に
丸花文の丸帯
--------------------
こちらは時代の新しい中古品。落ち着いたベージュ金が品のある帯で落札を決定したのですが、これがどんな着物にも合う万能選手!3,000円で入手したとは思えぬ汎用性で、活用度No.1になること間違いなしの優等生です。しかも帯締めは出品者の方からのお心遣いで感激!

d0033422_4533371.jpgこげ茶地の
縞お召し着物
--------------------
渋いでしょ?味のある色の組み合わせで艶のあるお召しです。実は縞模様って、着こなしが難しいんだそうです。でも、さっきの帯とグリーンの帯締めが良く合ってるでしょ?紅絹がついていないから昭和初期以降のものでしょうか。1,500円とは買い物上手!(自画自賛)


d0033422_555375.jpg
菊と芍薬の
アンティーク名古屋帯
--------------------
こちらはなんと、少なくとも80年くらいは昔のもの(!)だそうです。経年のしみ・汚れがあちこちにあるものの、それをもっても尚失われることの無い、鮮やかな菊と芍薬の存在感。最初の持ち主はどんな人物だったのでしょうか。

d0033422_56360.jpgこんなに素敵なアンティークが2,000円そこそこだなんて、信じられん!私のところに来てくれて本当にありがとう。

d0033422_4503466.jpg伊勢海老柄の
アンティーク丸帯
--------------------
素晴らしい!これを素晴らしいと言わずして何と言うのか!上でご紹介した帯と同じ出品者の方から落札したものです。こちらも80年以上前のアンティーク。金糸や赤の色糸で伊勢海老の柄、青みのある銀糸で岩と波飛沫のような文様が全面に織り出されています。

d0033422_4521899.jpg豪華とかなんとかいうのはどうでも良くって、兎に角この大胆なデザインにただただ感服するばかり。80年以上の歴史が巡りめぐって私の手元にあると思うと、それだけで至福の極みです。でも、今の私ではこの帯の格には不釣合かも。似合うようになったらこの帯を締めて出かけよう。と、こんな楽しみ方も着物にはあるのですね。


d0033422_4505144.jpgこの帯の出品者の方が、「着物達には養子縁組の様な感情があり、良い方のところへお届けできると、とても嬉しいのです。 」と仰っていました。それだけ思い入れがあるということでしょう。この方の優しさが伝わってくる言葉でした。その気持ちにお応えするためにも、帯をずっと大切にしてあげたいですね。

[PR]
by midori_design | 2006-03-04 03:12 | 和もの生活