骨董市に行く。

昨日は今年最初の「豊平神社骨董市」。
今までは専ら東京の骨董市ばかりを巡っていたのですが、
折角地元にもこんな市があるのだからと、初めて足を運んでみました。
札幌では知る人ぞ知るアンティーク着物ショップ
「彩古堂」さんで手に入れた、鮮やかなお召しを着て。




印象的な深い孔雀緑に鮮やかなチェリーピンクと黄色、シルバーグレーと黒とで
鮮やかに大胆に縞を織り出した、いかにも大正時代な縞お召しは
「骨董市」という場所に着ていくに相応しい、素晴らしい着物でした。
黒い帯を締め、渋ピンクの帯揚げと年季の入ったアンティークのピンクの帯締めでまとめ、
昼間のお出かけでしたが、コーディネートのイメージは「夜桜見物」。
まだ札幌では桜は咲いていませんが、気分だけでも春爛漫に。

骨董好きが集まる場所では古い着物は実によく効きます。
お店の人からお客さんまで、たくさんの方が話し掛けてくれて、
安くしてくれたり着物のアドバイスをしてくれたりするのです。これがまた楽しい。
しゃきしゃきした老婦人が私をつかまえて、
「あんた、いいわよ!帯も全部いいわ。昔あたしの姉もお召しを持ってたけど、
随分高かったんだよ。いい着付けをしたね!」と
声をかけてくれたのが一番印象的でした。

とある出店で、人絹だけどとてもかわいい大正チックな長羽織を発見。
昨日は何も買わないつもりで出かけたのですが、とても優しそうなお店の奥さんが
「最後だから二千円でいいよ~、それにとっても似合いそうだから」と
まけてくれたので、それじゃあ、と頂いて豊平神社を後にしました。

着ていたお召しの八掛の絹が弱っていたらしく、裏裾が裂けるという
アクシデントはあったものの、着物のお陰で楽しいお出かけになりました。
ま、古い着物に裂けはつきものですからね。裏が破けたくらいで慌てちゃいけません。
早速帰りに手芸屋さんで補強用のテープとリボンを購入しました。
次回着るまでに綺麗に繕っておこうっと。

昨日のコーディネートはあとで写真を撮ってアップします。
[PR]
by midori_design | 2006-05-01 14:06 | 和もの生活 | Comments(7)
Commented by すみれ at 2006-05-03 14:36 x
いいですね。サイコドウさんのかわいいですよね。
写真楽しみにしてます!
Commented by midori_design at 2006-05-03 23:17
サイコドウさんのって本当にかわいいよね!しかも状態がよい。
お店の奥さん、アンティーク業界には珍しく、とってもお若くてびっくら。
わたしより4歳も若くてこんな仕事をしているなんて、素敵~。

因みに、偶然見つけたサイコドウさんのヤフーオークション、
IDが「クロヤナギテスコ」って書いてあって激しくツボ。(笑
あまりにウケたのでメールしてみたら
“ビザールギターのメーカーの「テスコ」にかけていました。”
とのこと。このセンスいいわー。たまらん。
Commented by すみれ at 2006-05-08 21:32 x
へー。テスコの部屋やってほしいですね。
えっもすかして私と同じくらい?えーそうなんですかそりゃあ若いですね。いいなあー。ブログのきもののこーでねーとかわいいですよね。
紗合わせ?でしたっけでてて素敵でしたー。
オクのほうもさがしてみよーっと。
アカジョー着付け教室もしかしてお願いするかもです。
もうちょっと自力でがんばりますからー。
Commented by midori_design at 2006-05-10 18:30
そうそう、あの紗袷ね!下の絽の襦袢の柄が儚げに透けて本当にいい感じ!
でも夏着物って結構人気があって、オークションではすぐ高騰するよね~。
お陰でなかなか手出しできず。今夏は諦めて、オフシーズンに買うのがいいかなぁ。
北海道の夏は短いけど、絽と紗の着物は1枚は欲しいよね。
Commented by すみれ at 2006-05-13 00:03 x
ほしいです!ひょうたん屋のオクで素敵なのが出てました。
欲しいと思ったけど、振り長。このために襦袢は作れねえ。が、しかし透け血舞うぜ、と葛藤中です。
Commented by midori_design at 2006-05-14 09:21
あーーー。お袖が長いのはねーーー。
夏物の振り長で状態が良い襦袢ってなかなか出ないよね。
着物が透けるんじゃ「うそつき」もムリだしねぇ。
いやもしかして、透ける着物にあえて
思いっきり胴と違う柄でうそつきにするのも斬新なスタイルか!?(笑
Commented by すみれ at 2006-05-15 00:55 x
新しい「七緒」によると、レースの半襦袢なら良いみたいです。
う~ん。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。