渋色の銘仙

d0033422_9264141.jpgd0033422_9265558.jpg

昨晩アップし損ねたので改めて。北海道ではまだまだ寒いので、きものの暦どおりに今日からいきなり単に衣替え・・・とはなかなかいかないが、もう袷を着られなくなるので名残を惜しんで。



以前にご紹介した色鮮やかな銘仙とは打って変わって、こちらは経年のくすみが逆に渋い味わいを醸し出している、大胆な亀甲に花文の銘仙。渋いと言っても赤に青緑だから色使いとしては思いっきり補色関係なわけだが、ベージュ味のグレーが入ることで面白いバランスでまとまっていて、つくづく和の色合わせの妙を実感した1枚でもある。
生地は十分しっかりしていて張りがあり、裏に紅絹がついているから時代は大正かしら。くすんだ色合いのお陰で「いかにも銘仙らしい鮮やかな銘仙」ファンの目にはとまらなかったようで、あっさり開始値で落札。派手なのも渋いのもどっちも大好き、ってのは得ですな。・・・いや、この銘仙は時代の渋みがあるってだけで、もとの色彩は決して地味ではないと思うが。

合わせた帯は驚きの500円。出品者のお婆様のものとのことだが大切にしておられたのだろう、ほとんど着用していないかのような艶のある正絹でどこにも痛みが無い。これが手芸材料用の出品だなんて驚愕!! 着物を全く着ない方にとっては箪笥の場所をとるだけのものとは言え、いやはやなんという価格。もったいなや、ありがたや。 お婆様のかわりに大事に使いましょう。

実は今回のコーディネートは着物から帯・帯揚げ・帯締め・半襟にした着物のハギレに至るまでことごとく、それぞれ別の時期・異なる出品者or古着店or骨董市にて購入したものなのだが、あまりに色がぴったりで、他の組み合わせを考えられなくなってしまった。次にこの着物を着る時もきっとこの組み合わせなんだろうなぁ。笑
[PR]
by midori_design | 2006-06-01 10:21 | 和もの生活