続・銘仙三昧

d0033422_4444032.jpg


大胆な色と柄行が魅力の銘仙。いずれも大正~昭和初期のアンティークです。上の段が、先の「銘仙三昧」で書いたお茶の先生から頂いた3枚。下の段は、以前の記事でもご紹介した、私がオークションで入手したものです。



左上の矢羽の着物は、ひとつの矢羽柄の長さが約45cmもあります。
この大ぶりな柄を生かすためでもあるのでしょう、お袖も長くてかわいいです。

上段中央の着物は、光の加減で地色が赤紫から青っぽく玉虫のように変わります。横糸の赤と縦糸の青で赤紫に見せているからでしょうか。お袖はまあるく仕立ててあり、先生のお若い頃の可愛らしさが目に浮かぶようです。


d0033422_4454362.jpg木の葉柄がかわいい羽織は上記の着物に合わせて仕立てたようで、こちらも写真のようにお袖がまあるくなっています。柄もフォルムもとても可愛らしいですね。


d0033422_44727100.jpg羽裏もたいへん可愛らしいものがついていました。大きな御所車文が効いてますね。
先生はよく先の「赤紫地にボタンと井絣の着物」とこちらの「木の葉柄の羽織」をお召しになっていたようで、これらを見ているとお洒落な商家の娘さんの姿が生き生きと想像されます。朝の連続テレビ小説の中から抜け出てきたようですね。

d0033422_4451488.jpg上方のお方はあまり好まれないかも知れませんが、銘仙の魅力はきっと、お洒落着であってもどこか素朴さと温かみのある風合いというところにもあるのでしょう。
「ものづくりの継承はたいへんなのだ。」で千織ねいさんが書いていたように、銘仙の織も後継者不足にあえぐ日本の素晴らしい技のひとつです。そんな中、千織ねいさんの大親友のご主人のご実家が銘仙の織元とは、なんと素晴らしい!ブラボー!!ご苦労も沢山おありでしょうが、銘仙の技と美しさを未来永劫お伝え頂きたいですね。
次に東京に行く時が本当に楽しみです。秩父銘仙館、絶対行くぞーー。それから京都も絶対行くんだ。友禅も思う存分見て歩きたーい。
[PR]
by midori_design | 2006-06-23 04:46 | 和もの生活