夏だより

d0033422_153110.jpg昨日は用事で街中に出たついでに、狸小路の履物屋さんに行ってきた。
下駄底にゴムを貼り鼻緒の調節をしてもらうため。
しかし本来下駄は消耗品。歯の減るのを惜しげもなく履くのが粋なんだろうが、どこへ行ってもアスファルトの現代、やはり減るにまかせるのは忍びなく。笑

今回手に入れた下駄はいずれも未使用のまま長いこと保管されていたようだ。特に手前のは箱にきちんとしまわれており、新品同様の美しさだった。桐下駄だからまともに買えばいい値段だが、そこはやはりオークション。紫の鼻緒のが610円、3色の粋な鼻緒のが1,600円。白木だから基本的には足袋を履いて、浴衣はもちろんだが普段の夏着物に合わせたい。

どちらも古いものなのでちょっと鼻緒がきつい。
そう言って下駄を履物屋の職人さんに見せると、ぱっと見て三色の鼻緒はこれ以上伸ばすのが難しいとのこと。今物と違い本麻ひもを使っているため無理にやると切れる可能性もあるので、鼻緒を挿げ替えてはどうかと言われてしまった。
私は、鼻緒がとても気に入ったからこの下駄にしたのだ。挿げ替えては意味がない。
職人の言葉にかなりショックを受けつつも、切れるかもしれないものに手出しをしたくないお店の気持ちは良くわかる。迷った末にこの下駄についてはちょっと対策を考えることにして、もうひとつの下駄の鼻緒の調整とゴム底貼りだけをやってもらって帰ってきた。

さて、どうしたものか。鼻緒が気に入って手に入れたこの下駄、履けずに終わるのは悲しい。
ええい、昔の人は鼻緒が切れたら自分で手直しもしていたのだ。ままよ。
結局自分で下駄底の金具を取り外し、あっさり鼻緒を伸ばすことに成功。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

なんだ、初めから自分でやりゃ良かったよ。
後で客先に行くついでにゴム底だけ貼りに行こう。笑


それにしても、暑い。
私の部屋は2階である上に、作業用のマシンと周辺機器の廃熱がたまるので尚更だ。
うう、暑くて仕事にならん・・・と思っていたら、さきほど一陣の風とともに、どこかご近所の家に吊るされているらしい風鈴の音がちりりんと聞こえてきた。
景色こそ決して純和風ではないここ北海道だが、「暑い」ばかり言っていた自分の中に、まさしく「日本の夏」の風情、その清清しさを呼び起こす風だった。

さあ、この粋な鼻緒の下駄をいつデビューさせようか。
[PR]
by midori_design | 2006-07-14 15:36 | 和もの生活 | Comments(14)
Commented by ノーム at 2006-07-14 20:59 x
カラ~ン・コロン・カラン・コロン・コロン・・・ゲゲゲの鬼太郎の唄・・。思い出しましたぁ・・。ゴム底なら・・音しないんでしょ・・?私的には、下駄はそんな音が出るのが良い・・。日本人は本来・・偏平足?鼻緒も昔の人にはちょうど良かったのかもしれない・・・。ちなみに私扁平です・・。足の甲の高さが無いのです・・。偏平足はすぐ足疲れる・・。
Commented by midori_design at 2006-07-14 22:38
う~ん、私も音がする方が良いんですが、
アスファルトで下駄はあっという間に減ってしまいますからねぇ。
でも、まるっきり音が消えるっていうんでもないみたいです。
試しに明日は下駄で出かけてみます。わくわく♪
えっ、日本人は偏平足気味なんですか?
私は幼少の頃からとてもよく歩いたせいか、
土踏まずがはっきりしています。
両親について山歩きもしていましたからね。
偏平足の予防には素足で歩くのが一番いいみたいですね。
でも成長期の子どもには通用するんでしょうけど、大人にはどうなのかなぁ?
Commented by ノーム at 2006-07-14 22:55 x
ふ~~ん・・そうなんだ~。素足でか~。
Commented by くされ女 at 2006-07-15 09:42 x
土踏まずに思わず反応。私も生まれて今まで車なし生活で育ったせいか、土踏まずがかなりえぐれております。甲高だから、古い下駄はきつそうだなぁ。

そういえば私が小さいころ父は仕事に行くとき意外は、下駄で歩いていたのを思い出しました。あの音はいいですねぇ。なんか夕暮れ時を思います。

私もそのお店で雨用ぞうりがお手ごろだったので買ったことがあるのですが、履物やさんだけあって、修理もしてくれるんですね。
鼻緒を自分で直してしまわれたとは!かっくいー。
確かに、三色の鼻緒とてもかわいい。町娘がはいてそうな。これを換えるのはもったいないですね。下駄も含めたコーディネートが楽しみー。
私もヤフオク覗こうかなぁ。いつも上手に見つけられてますねー。


Commented by たこ at 2006-07-15 11:28 x
和はいいですよねぇ。雅だ。自分の中でもプチブームです。
今年こそ浴衣を着て出かけたいと思うのですが・・・実家に置きっ放しだという事に気づきましたorz

帰省の際にはぜひご指南を、師匠!(笑)
Commented by midori_design at 2006-07-15 11:58
>ノームさん。
そうらしいですよ~。
だから、子ども達に靴下や上履きを履かせずに、
裸足で歩かせているという幼稚園もあります。
・・・・うーん、大人はどうなんだろう・・・・・
だけど何もやらないよりはよさそうですよね。
足裏の感覚を良くするってことが大事なんじゃないかと。
Commented by midori_design at 2006-07-15 12:31
>くされ女さま。
そうなんですよ~土踏まずくっきり。
おまけに私は足が幅広なので、余計に古い下駄はきついっす。

お~、お父上が下駄履きでしたか! 渋い。そういうお父さんっていいなー。

あ、鼻緒は本当に簡単でした。
よほど不器用でなければ誰でもできると思いますが、
麻ひもの縛り方に職人の技があるのでしょう。
長時間はいていると鼻緒の持ちがちがうのではないかと思います。
だけど私は下駄はそんなに長時間履かないし、まあこれでいいか。笑

ヤフオク、上手に絞り込み検索してあげれば時間もかからずチェックできますよ~。
実際お店に買い物に行ってあれこれ迷う時間を考えたら、
オークションに時間を割いても大差ないと思います。
最初の2、3回は失敗も覚悟で買うことになるかも知れませんが、
それでも2,000~3,000円の投資ならお勉強代と思えば安いもの。
回数を重ねると説明書きと写真でだいたいものが見えてくるので大丈夫です。
オークションでの買い物にも、商品を探すセンスの有無が出ると思います。
くされ女さまならいけますよ、カモ~ン!
Commented by midori_design at 2006-07-15 12:38
>たこ。
実家に置きっ放しか、そりゃ残念!
いっそ送ってもらえば?

うはは、師匠かよ! 着物歴まだ1年未満、しかも独学なのに。笑
でも浴衣はあんまり自信ないなぁ。
着物を着る時は、普通の帯が好きなのでお太鼓ばっかりやっていて、
半幅帯は1回くらいしか試してないし殆ど持っていないのだよ。
でも浴衣には半幅だよねぇ。練習しておこう。笑
Commented by おいけあんおいら at 2006-07-15 16:00 x
桐下駄鼻緒ががかわいいな
柔らか素足で履くのかな
からころ舗道に響きます

ゆかたの二人は弾んでる


暑中お見舞い申し上げます
http://www.geocities.jp/oikean/v-18natsu-01.wmv

(京都は 毎日「蒸し風呂」 です)


Commented by midori_design at 2006-07-16 12:06
おいけ父さん、暑中見舞いをありがとうございます!
波間の燕が涼しげで素敵ですね。
流石は敬愛なる御池庵師匠、
私もこんな絵がかけたらいいのになぁ~。笑
Commented by ご隠居 at 2006-07-16 13:21 x
昔、高校の3年間、夏は下駄で電車通学していました。
踏まれては困るのか、周りの客は迷惑そうでしたが、そんなことお構いなし、そう、あの頃は怖いものなんてなーんにもなかった。

昨日からパリに来ています。
時差ボケのせいで4時過ぎには目がさめてしまい、ホテルの無線LANに接続、そうしたら・・・の記事を拝見、妙な気分です。
Commented by midori_design at 2006-07-16 19:53
おお~、ご隠居さまは下駄通学でしたか! 渋~い!
私の母校には何故か、校則に「下駄・スリッパ・サンダルでの登校は禁止」という項目がありました。意味がわかりません。笑

パリですか!
いいなぁ、おいしいワインを飲んでいるのでしょうか。
お土産(話)、楽しみにしております。笑
Commented by すみれ at 2006-07-16 23:19 x
下駄!大好きなんですよね~。そんなに安く手にはいるならオクですね。
もうお金使えないです。。。見てると物欲満開になってきました。
Commented by midori_design at 2006-07-17 02:11
安物買いならヤフオクですよ、奥さん!
でも、確かに物欲とまらなくなるよねぇ、キケンだ。。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。