今日のいいこと。

締め切りが重なったため、昨日・一昨日と睡眠時間を削って作業していのだが、本日無事、朝いちでクライアントにデータを届けることができた。これで色校が出るまではしばらく休めると思うと、少しほっとすると同時にどっと疲れが出たので、客先近くの札幌駅のコンビニでペットボトルのお茶を買い、地下街の小さな広場のベンチに腰をおろした。そこには七夕の飾り付けが施してあり、道行く人が願いを書いて吊るせるように短冊も設置してあった。

ここ北海道では、基本的に七夕のお祭りは旧暦で扱うので8月に行われる。ああ、もうそんな時期なんだな、そう言えば今日から8月じゃないか。とぼんやり考えながらお茶を飲んでいると、私の隣りに小さなおばあちゃんが腰掛けた。ややしばらくの後、おばあちゃんはにこにこと「こんな所に七夕の飾りがあるんですね、七夕は8月だったかしら?」と話しかけてきた。私もつられて笑いながら「そうですね、北海道では旧暦でやりますからね」と返すと、「折角だから腰が良くなるように書いてみようかな」と仰る。曲がった腰で立ち上がり短冊に願いを書き始めたので、「何かいいことがあるかも知れませんね」と声をかけた。

おばあちゃんは笹の葉が飾られたコーナーに歩み寄り、願いを書いた短冊を結わえ付けた。そうして満足げに振り返ると、嬉しそうに私に手を振りながら、ゆっくりと歩いて行ってしまった。私はなんだかとても嬉しくなり、いつまでもおばあちゃんの後姿を見送っていた。気付けばお茶もすっかりなくなっていた。

嬉しくなったので、私も短冊を手に取った。「いま隣りに座っていたおばあちゃんの腰が良くなりますように」と書き、少し考えてから裏にも「皆が元気でありますように」と書き足して、おばあちゃんの短冊の隣りに自分の短冊を結わえ付けた。おばあちゃんの短冊にはこう書いてあった。

織姫様 絹の腰が直って良く歩けるようにしてください


かけられた短冊は後に北海道神宮に奉納されるようだ。二人分の願かけをしたのだから、もしかしたら神様も織姫と二人でお絹おばあちゃんの願いを叶えてくれるかもしれない。そうだといいな。
[PR]
by midori_design | 2006-08-01 13:33 | つれづれ時録