残暑お見舞い申し上げます。

d0033422_11481580.jpg


暑い日が続いていますが、みなさん体調崩したりしてませんか。
涼しい秋までもうひとふんばり、元気に乗り切りましょう!



バックに使用した和柄は夏着物の下に着る大正時代の古い絹の絽襦袢を直接スキャンしたもの。
流水に秋草などを染めた鮮やかな色柄で大正ロマンのかほり溢れる1枚です。
紗や絽の透ける夏着物の下に着るとほんのり模様が見えるところがまた非常にオツで、
見る方に涼を感じてもらおうという和の心意気を感じますね。
目下、私の最も愛用する一枚となっております。

残り僅かな夏とすぐそこに足音が聞こえている秋の風情をおすそ分けできたら嬉しいです。
しかし、日本の古きよきデザインにはやっぱりかなわないなぁ。笑

P.S.
ただいま掲載の残暑見舞をメールか葉書で送らせて頂いております。
葉書もまだありますので、もしご希望の方がいらしたらご連絡ください。

【追記】
 日頃お世話になっている方々で夏の短い北海道在住の方には、
 一刻も早くということで先日メールにて送らせて頂きました。あしからず。

【追記2】
 葉書ご希望の方はお名前とご住所を
 cat●bg.wakwak.com までご連絡ください。


※●を@にしてねん。一応迷惑メール対策なのよん。
[PR]
by midori_design | 2006-08-26 12:07 | Works