夢路ワールド

d0033422_3145100.jpg今日の着物は「これぞ大正ロマン!」な1枚です。
洋服じゃまず絶対に着られないド派手な色柄ですが、これがアンティーク着物だというだけでもう何もかも許せてしまいます。オークションで見つけた時は「こりゃすごい!」と一気にテンション上がりました。単純にコレクションでも構わないと考えての落札だったので「こんなに派手なの着ちゃっていいのか・・・」と一瞬迷いましたが、あっさり着物の魔力に負けて着てしまいました。笑




紗綾形の地紋を織り出した素地に染められた、古着物ならでは緑みの孔雀青とアクアブルーで表された大胆な変わり壷垂れ文様。この孔雀青とか孔雀緑というのがアンティーク好きにはたまらん色のひとつなのです。そこに白とビビッドな赤紫で大ぶりの牡丹が配されています。しかも花が赤紫色なのではなく、「白い花びらに赤紫の葉」というバランスがなんとも素敵。孔雀青と赤紫色の見事な補色。現代物ではお目にかかることのできない色使いと柄の大胆さ、自由奔放なデザインに完全にノックアウトです。う~ん、しびれる!

着物の色柄の大胆さを際立たせるため、帯は黒を使いました。黒地に白の絞りの昼夜帯で、前帯にはさりげなく千鳥が飛んでいます。画像でもなんとなくわかるかな。お太鼓には青海波文が絞りで表されています。半襟はやや明るい渋めの蘇芳、帯締めは着物の柄と同じ赤紫でリンクさせ、帯揚げのうす紫で全体の補色を中和してみました。

ちなみに画像はいつものようにケータイを使って自室で撮ったのですが、余計なものが映って着物の柄を見せるには邪魔だったので背景加工してあります。おかげで「どこで撮ったんじゃ」みたいな写真になってますが、お遊びということで楽しんでください。笑
[PR]
by midori_design | 2006-09-12 03:22 | 和もの生活 | Comments(11)
Commented by おいら at 2006-09-12 07:43 x
夢路ワールド!  夢二ワールド!

うーん まいった!!
「みどりさんときものも背景も」 雰囲気がぴったりですね! とても似合っていると思う

「竹久”夢二” の日本画からとび出してきたーー 」とびっくりしました

”(デジカメで写しなおして?) パネルにしてくださーい” ネット公開だーー
Commented by midori_design at 2006-09-12 09:29
おいけあん父さん、おはようございます!
「夢路」はただの変換ミスだったのですが、字面を見てたら洒落っ気もあるし、ま・このままでもいっか~、と。わかって頂いてありがとうございます。(笑

フリマの不要品整理がひと段落ついたら、着物でひとりファッションショーをやろうと思っています。(笑
私のデジカメは片手で持つには重過ぎるので、きちんとセッティングしないとだめなんですよ。だからいつもはケータイで済ませているのですが、ちょいと画像加工で遊んだりもしたいので、素材として使うために結構真面目に撮るつもりです。(笑
うまく撮れたら差し上げますので、お楽しみに~!
Commented by すみれ at 2006-09-13 02:35 x
いいっすねーねえさん。本当に素敵!どこにそんな素敵なモノが転がってますか?あんまりオクで凄いヒットってないんですよね。探しのコツはなんですか?
Commented by midori_design at 2006-09-13 09:50
もしかして私、探す才能があるのかしら。昔っから調べ物好きだからなぁ。(笑
えーと、あえてコツと言うなら欲しいものを「できるだけ具体的なキーワードで絞り込み検索」することでしょうか。更に私はきっぱり予算2,000円までで区切ります。自分好みの着物じゃなくても、その予算内で良いものを出品している人がいたら1品チェックリストに入れておいて、片っ端からその出品者のオークションをチェックするんです、定期的に。
ただ私の場合は職業柄、画像を見ること・写真上で実物の色を再現することに慣れているので、多少映りの悪い写真でもある程度現物が想像できちゃうんですよ。その点で人より有利なのかも。
ともあれまずは、欲しい物を明確なキーワードと予算で。これにつきますね。
Commented by すみれ at 2006-09-15 00:51 x
なるほど。私も調べモンは好きですが、気づくと何時間も経っていて後悔またはどっと疲れが来るのでどうにかなんないもんかなと。
現物の想像って結構難しいですよね。
Commented by midori_design at 2006-09-15 02:29
あ~、でもわかりますよ~。疲れますよね。
だいたいが私の場合はPCに向かってるのが仕事ですから、その気になればいつでもチェックできちゃうんですよね。で、忙しくない時はずっと掘り出し物探してたりとかして。

現物の想像については、慣れである程度いいとこまではいけますよ。
私の場合はオークション一覧を「タイトルと画像」で表示し、まずタイトルの書き方と小さな画像から受ける印象でざっとふるいにかけます。ちょっとでも気になるものは詳細を見るわけですが、画像は勿論重要だけどまずはサイズをチラッと見て、自分の規定外の寸法なら詳細を読まずに迷わず一覧に戻ります。これで1点につき3秒くらいで大雑把なチェックができます。

良さそうだと思ったオークションもその場で全部読んでしまわず、まずはただチェックリストに入れていくのが有効です。ある程度チェックリストに候補がたまったところで、改めて細かくそれぞれの情報を読んでいくのです。そうすることで候補商品の比較ができて、より絞り込みやすくなります。
Commented by whitececile at 2006-09-15 20:03
ご心配おかけしました。無事です。・・・

midoriさん、ブルーがお似合いですね~。それと、赤紫・・いいですよね~。こういう派手系(?)なのがよく似合ってますよ。ホント。イヤミがないというか、着こなすの、難しいと思いますからね。お顔の細いのもいいの
かも・・羨ましいなぁ。まっ、私の場合、やはり、年齢というものは、やや
関係しますがね(爆
遅くなりました。素敵なおはがきありがとう!大事にしてあります!
Commented by midori_design at 2006-09-16 00:12
whitececileさん、大事に至らず何よりでした!
きっと夏の疲れがどっと出られたんですね~。

わ、ありがとうございます!
新品着物の煌びやかさにはいまひとつ興味が沸かないのですが、
いかにも骨董!な着物のアンティークならではの派手さには、
何故だかとても惹き付けられますね!
派手な色使いでも生地が古びてこなれているので、
嫌味に感じないところがいいのかも知れません。

大切にしてくださる方に葉書をお届けできて嬉しいです!
こちらこそありがとうございました!
Commented by 戸塚人 at 2008-01-21 16:41 x
古い記事にすいません、
この着物が凄く素敵だったので思わずコメントです。

本当に綺麗な色ですね。
黒い帯がまたいいアクセントになってますし。
さすがの着こなし。


>洋服じゃまず絶対に着られないド派手な色柄
確かに(笑
この柄で、商店街のブティックにあるワンピースだったら相当ヒドイ事に…(笑
Commented by midori_design at 2008-01-26 13:54
>戸塚人さん。

お、大正ロマンにお目が留まりましたかー!
使用感もあるし、あちこちに古いなりの小さなシミ汚れなどありますが、
それを持ってもなお、余りあるほどの魅力がこの着物にはありますね!

仕事の関係で自宅に帰ったり帰らなかったりなので
なかなか思うように更新ができませんが、
現在もコレクションは順調に(?)増殖中です。

そのうちまた公開しますのでお楽しみに。
Commented by 戸塚人 at 2008-01-29 18:57 x
いえいえ!使用感があるくらいのほうが!
コレクション公開、楽しみにしてます。

お忙しそうなのに丁寧にコメントしていただいて
有難うございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。