収穫祭

昨日はちょっと規模の大きい骨董市に出かけてきました。
このクラスのイベントになると値段もそこそこいいのだけれど、
それでも絶対物量の少ない北海道から来た私にとっては楽しくってしかたがない。
古きものを漁りまくって腰が痛くなるくらい見てきました。





今回の東京滞在中、骨董市・古着物屋巡りでの収穫は、
小さな古いちょこ3つ、かんざし1本、ターコイズの羽織紐1本、羽織1枚、帯1本、着物2枚、リメイク用の着物の端切れ3枚。
どれも普段使い用にと思って購入したものですが、古いものというのはその醸し出す雰囲気、深み、それだけで十分に私の心をくすぐる要素をもっている。

帯は飾り棚にアクセントクロスとして使おうかな。
羽織は、素材とデザインを選べば手を加えなくとも普段着として十分通用します。
私も昨日からずっとジーンズに羽織、アップの髪にかんざしといういで立ち。
古着物はそのまま着るかリメイクするか本当に迷ってしまいます。
そもそもリメイク用の素材を仕入れるつもりで行ったのに、いざ気にいって購入すると今度は
その色つやと柄に、つい鋏を入れるのが口惜しくなってしまう。
でも着物のままだと一体いつ着られるのか、確実に使用頻度が下がるのは目に見えているんだよね。だいたい、まだ着付けも勉強していないのに(おいおい)。うーん、悩ましい。笑
だけどね、イカレた気分でデザインするときにきもの羽織るのって結構いいんですよこれが。
だから、ゆうべは遊女の気分で深いグリーンのきものをまとって寝ました。

今回の収穫写真は、明日札幌に帰ったらアップします。
(カメラのケーブル家に置いてきた…ケータイのじゃ画質悪すぎだし)
ついでに、千織さんにずっと椎名林檎似って言われてることだし(リンクのブログのコメント参照)、いっそのこと着物をはおったイメージ写真でも載っけちゃおうかしら。
平岩蜜柑デビューですか。笑
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
プロダクトデザイナー伊藤千織さんの展覧会ブログ。もう終わっちゃったけど。
http://chiori.exblog.jp/
でも、ほんとに楽しかったんです。今回の展覧会を逃した人も、次回は是非!!
[PR]
by midori_design | 2005-05-05 17:44 | つれづれ時録 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。