らぶ・じゃぱん

タイトルが「らぶ・じゃぱん」だからって右翼じゃありません、念のため。
右翼、札幌ではめっきり見かけなくなりましたが(先日1台見かけたけどかつての街宣車の仰々しさは無く、ワゴン車を黒く塗って日の丸描いただけのしょぼいものでした。それじゃそこらの族車と変わんないよ・・・)、滞在していた池袋で久しぶりにハデなの見ました。いやしかし、たまに見るとあんたたちわりと面白いわ。
「共産党員はぁ、今すぐ日本人としてのぉ、誇りを取り戻せぇぁ!!
タクシーバカごるぁ!!!」

いや誇りてアンタ・・・大人としての誇りはどうなんですか・・・・

いやいやいや、それはさておき。

d0033422_4202987.jpg東京から戻り、改めて今回の収穫を眺めてみる。ううーん、素敵。
(写真はホテルにて)

実は骨董の蘊蓄どころかまともに着物の着方さえもまだ勉強していない私なのだが、そこはほれ、にっぽんじんだもの。こういうものには無条件で惹かれてしまいます。湯葉や魚やみそ汁が好きなのと一緒で、理屈なんてありゃしません。
そもそも私が手に入れられるような古道具や古着物は、びっくりするほど古い物でもない上にもとは日用品だったわけですから、いまの暮らしに合わせて思い切った使い方ができるというのも大きな魅力のひとつです。新品の豪華な着物には手が出せなくても、古着物なら少しくらい汚れるのも怖くないから気軽に着てみようかなって思えるでしょ、リメイクしても面白いし。それに女性なら誰しも、着物の柄ってなんだかワクワクしませんか。

d0033422_421556.jpg沢山の色を使っているのにそれがちっとも嫌味にならないその色彩、柄、使い込まれて部分的に褪せたところもまたいい感じ。
特に今回は深いグリーンの着物が、あつらえたような色といい柔らかな正絹の手触りといい、相当お気に入り。当初の予定通りキャミソールドレスにリメイクしようかと思いつつも、口惜しさにかられて躊躇。こうして画面に向かっている間にも素肌に羽織っているといった体、こりゃこのままローブ代わりに決定か。
気分を高揚させるのにも使えるしねぇ。イカレた気分で仕事したいときには打ってつけ、ホント。役者やってた頃の気分もちょっと思い出したりしていいんじゃない。
女性にはこれ結構オススメですよ、ローブ代わりに古着物。敢えて毒のある気分になりたい時には特に(笑)。

おっといかんいかん、骨董市巡りの当初の目的から大分逸脱してしまったわい、
次回はちゃんとリメイク用素材の仕入れに徹した買い物もしなきゃねぇ。
今度はどんなものに出会えるか、楽しみですな。

参考までに。私が東京に行く時は、このサイトなどで骨董市情報を集めます。
http://www.novas-net.com/kottouichijouhou.htm
[PR]
by midori_design | 2005-05-09 04:22 | つれづれ時録