いちいちニュースにぼやくのもどうかと思うが

珍しくトラックバックなんぞ書いてみる。
原因がスピード超過と発表されたからって、
事故は背景にある数多くの問題が複雑にからまって起きた結果だから
全貌が完全に解明されるなんて事はないわけでしょ。
運転士本人も亡くなっているのだし。




会社の体質もあるけど社会の体質ってことも少なからずあるはずだから。
そもそも速くて本数が多くて便利っていうのを社会の大勢は望んでいたのではないの?
もちろん、JR西日本には多大なる責任と過失があったわけだから
これから全力で頑張ってもらわなきゃいけないのは確かなのだけれども、
一方で、第三者がただただまずいところばかりを探してあげつらい暴言を吐くのは
批判とは言わないし無責任この上ないと思うがどうなのか。
ん?そうか、責任が無いから暴言吐くのか。
私だって無責任だからこうして安易に書き連ねているといわれればそれまでだあね。

でも一番わけがわからんちんだったのは、やはりJRの対応よりも報道。
何度目かの記者会見で、えらく息巻いた記者がこんな趣旨の言葉を社長にぶつけていた。
例の、宴会を続けていた社員がいたという報道の直後だ。

「だっておかしいでしょう、前回の会見でお酒を飲んでいた社員がいたかって聞かれたのに、
今回私たちに言われるまで調べてなかったじゃないですか!!」

おかしいのはあんたです。

この大惨事が起こってしまったからには、社長は常に罵声を浴びせられ非難の目に晒されながら
朝から晩まで誠心誠意、犠牲者や遺族・関係者への対応に追われなくてはいけないのです。
到底償いきれるものではなくとも、今現実に苦しんでいる人々への一刻を争う対応、
これから先の保証のことなど、処理しなければならない重要な事柄が山積しているときに、
30,000人以上いる従業員の中から当時のヨッパライを探し出すのに時間を割いていたのだとしたら
そのほうがよほど問題です。そんな会社責任は聞いたことありません。

誠意ある対応の本筋を考えれば今それを取り沙汰している場合ではないと
きちんと情報の取捨選択が出来る冷静な視聴者だって沢山いるだろうが、
報道を無批判に受け止める人だって少なくない。無批判どころか増長すらしてしまう。
その意味で、浅慮な感情の垂れ流し報道はこれこそ無責任と言わざるを得ないし、
そんなことよりも何よりも、不愉快なんだよね。これに尽きるよ。


事故で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに、
怪我をされた方、大切な方を無くされた方々に心からお悔やみ申し上げます。

Excite GLTCg : Љj[X
[PR]