京都に来よっと その4(事後報告) ~男前ひとり利き湯葉大会~

お池庵さんと翌日の約束をして別れた後は、のんびりお散歩。

特に行くところも決めずに歩いて、最後は祇園のあたりをぶらぶら。
しかし、まるで映画のセットのように作りこまれた通りができていたのにはちょっと驚いた。
雰囲気的に、寅さんで有名な柴又のあの通りが思い出されて、ちょっとへん。笑

しかし、すぐ裏手には普通に置屋が軒を連ね、これからお稽古に行くらしい
若くかわいらしい舞妓はんがちょこりと出てきて、小走りに去っていった。



表は観光客向けのいかにもな感じだが、ちょっと小路に入るとそこはさすがの祇園。
昼間とはいえ、本気の色町のなんともいえない迫力と禍々しさがある。
あの雰囲気にはなんだか圧倒されて、なんとなくシャッターを切れなかった。

どうでもいいが、着物を着て祇園をうろついていたお陰で、
どっちかっていうと私が観光客の被写体になっちゃってた。
ぜんぜん地元民じゃないのに、ごめんよ。笑

あ、ちなみに、今回の着物は、今年の正月のご挨拶で着ていた着物&羽織と
同じ組み合わせです。(慌てて江戸を出るとき、一番近くにあったから。笑)
今回、自分では着物写真を全く撮っていなかったので過去写真で失礼。
渋い緑に矢羽を染めた着物と、黒地に変わり亀甲つなぎと草花を配した薄手の羽織です。
d0033422_0335381.jpg


晩御飯はどこかで湯葉会席でも・・・と思っていたのですが、
ちょっと疲れたのと、少し眠くなってきたのとで、一度ホテルへ。

着物を脱ぎ捨ててほっとしてたら、きましたよ、いきなり。
私が食べたいのはおいしい湯葉であって、何も会席である必要はない!

てなもんで、俄然ジーンズに着替えて、一駅となりの大丸へ。
閉店30分前のデパ地下へ滑り込み、豆腐・湯葉コーナーへ一直線。
で、持ち帰ったのがこれ。
d0033422_0522275.jpg


いや~、実に男前な企画だ。 見ての通りの、ひとり湯葉三昧。
これ以上の贅沢があるだろうか、いやありはしない。(反語は強い否定。)
ってか、これを一人で食うんかいっっ!

え? 無論ひとりで全部食いましたけどなにか。 ぷはー。
[PR]
by midori_design | 2008-12-21 00:57 | つれづれ時録 | Comments(2)
Commented by 茄子おやじのカレー臭 at 2008-12-26 18:32 x
おーおー、生きとったか。

では良いお年を。まだ早い。
Commented by midori_design at 2008-12-28 01:05
>茄子おやじのカレー臭さん。

あーあー、生きとったよ。
ではよいお年を。もう早くない。

ってかちょうど稼ぎ時ですねぇ、お疲れ様です。
一応、大晦日に帰札します。
またしても他に飛行機が取れなかったので、
2日の朝2便で帰る弾丸ツアーですが。笑
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。