カテゴリ:勝手にツッコミアワー( 100 )

やあやあやあ、みなさんこんにちは。
キム、と言っても今回は将軍さまの話ではありません。
今日の昼食時のことです。

母: 「キムタク」って言われても、パッと顔が浮かばないんだよね~。
   だいたいキムタクのフルネームってなんだっけ?

私: キムラタクヤ。

父: キムラタツヤ?










・・・・・・・・キムタツ・・・・・・・・


藤タツのともだちか。
[PR]
昨日の電話で、まざまざと自分が北海道人であることを自覚した瞬間。

私  :それって何の仕事?
M氏:人材派遣屋さん。そう言えば俺んとこ、人派の間違い電話よく来るわ。
私  :(……………ジンパの間違い電話…………… ←妄想中)
私  :…いやあ、私って北海道人だわ。
M氏:?
私 :ジンパって言ったら、羊に決まってんだろ。
M氏:なに、ジンパって北海道じゃジンギスカンなのかよ?(明らかに小馬鹿にした声)


………………そうです。


北海道では「ジンパ」と言ったら

「ジンギスカンパーティー」に決まっています。

「人材派遣」のことだなんて

誰も思いません。(たぶん)




自分だって高校まで北海道だったくせに、くっそ~~~東京人面しやがって(笑

チキショー、悔しかったら北海道まで来てジンギスカン食ってみやがれ!(逆切れw)
[PR]
さっき某局のスポーツニュースの前フリで

『柔ちゃんの旦那さんがトレードです。』


いやいや、そりゃないだろ。柔ちゃんが旦那をトレードに出したみたいじゃん!笑
旦那だって立派なプロ選手なんだから、ちゃんと苗字で言ったれよ~w
[PR]
時間も金ももったいないから極力買うものを抑える方向でやってみた。
それなのに、鏡を見てあまりのできあがりっぷりに自分でもやや引く。
カフェじゃなくてヨドバシに行こうかと思いました。

ケータイ写真でごめん。
[PR]
コスプレ中です。



・・・・・・・・・・・・・・。



いや、別にアキバ系ショップの店員になろうってんじゃありません。
明日の夜いつものカフェで、ハロウィンパーティーなんですよ。
「帽子は必須。黒をベースに、どこかに必ず真っ赤なものを身に付ける」というお題なんです。
まあ、黒い服には事欠かないのでそれは良し。

問題はです。
お店に到着してから着替えるのはNGなんですよ。
つまり、家から着て行けない場合は近場の公園とか公共の場で着替えなきゃいけないんです。
しかも明日はその前に、お茶のお稽古にも行くんですよワタシ。
だからお稽古に行った格好にちょっと足したり引いたりでできる格好がベスト。
時間もお金もかけていられないし・・・

てなわけで、用事で出たついでに安いロングのつけ毛をひと束と
百円ショップの宴会グッズコーナーで仮面舞踏会な羽の仮面のみを購入。
あとは手持ちのファーのマフラーや羽のチョーカー、ストールなんかを
ずるずる引っ張り出してきてちょいちょいちょい、っと・・・

・・・・・・うん、これでいいや。 てか、プリンセス天功かよ。笑
あ、明日以降でないと写真はアップできないので悪しからず。 ┐(´ー`)┌
[PR]
ええ、やっちゃいましたよ。
あのですね、ケータイ。落としちゃったんです。


半ぼっとん便所に。


なんで「半」かっていうと、水は流れるし直接下は見えないけど
底板がパカッと開いて落ちる仕組みなのでもともとは「ぼっとん」なんだとわかる、
公衆トイレによくあるあのタイプだから。

晴天に始まった昨日のフリーマーケットですが、途中降ってきた雨が強くなり
昼1時頃には打ち切りとなってしまったんです。
荷物が濡れてしまうので急いでまとめてシートを被せたりした後、
母の車を待つ間に公園のトイレへ。
そこで、つるっと携帯が落ちたと思ったらものの見事にパッカンと。

・・・一瞬でした。
あれだけあっさり落ちられると、何かもう清清しいです。笑
もはや携帯の姿など影も形も見えないトイレの穴の底板をしばし眺め、
結局用を足さずにトイレを出ましたw

丁度その時、母が私に電話をしたようですが留守電だったとのこと。
使い古してボロボロになり、充電も1日ちょっとしかもたなくなった私の携帯は
きっとウン○の上で留守応答していたに違いありません。
最後の役目がこんなこととは・・・ごめんよ、携帯。

幸いなことに、長いこと貯めっ放しになっていたポイントで
1万円以上する新しい機種をタダでGETすることができました。
おお~、薄くてきれいだし、ちゃんとロゴが「Soft Bank」になっている~。
今度は落としたりしないように首にかける携帯ストラップを買いました。

そんなわけで、今までご連絡をとってきた皆さんにお願いです。
何しろ落とした場所が場所なのでデータを回収できません。
過去に頂いたPCメールに連絡先が書いてある方はそこからチェックできますが、
携帯メールが中心だった方はデータの控えがありません。
大変お手数ですが、お時間のある時で結構ですので

電話番号を書いたメールを

私の携帯アドレスに送ってください。


それと

昨日夕方までに私にメールをくださった方、

お手数ですがもう一度送ってください。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。




ごめんなさい。(T□T)
[PR]
昨日フリマの商品を届けてくださったM子さん。
仕事で忙しくて昼ごはんのタイミングを失い、我が家に向かって車を走らせる道すがら
車中でおにぎりを2つ食べていらっしゃったらしい。
「おなかいっぱいですから」と私のおうかがいを丁寧に辞退され、
それではと玄関から帰られようとした刹那、
コロッケを皿に盛った我が母が現れM子さんを強引に引き止める。

「ええっっ、帰っちゃうんですかっ!?コロッケ揚げたてなのに!!食べて行って、ねっ、食べて行って!!」

と、コロッケを手に玄関への行く手を阻む母。
そのまま靴箱の上にコロッケと箸を置こうとするので、思わず
「立ち食いかいっ」とツッコミをいれたところ、

「それもなんでしょ、だから、ちょっとだけなら、ね! ちょっと上がってもらって、ね、食べて行って! 山ほど作っちゃったの、だから!」

と、私とM子さんをコロッケもろとも私の部屋へ強制送還。
M子さんは半ばノルマと化したコロッケを快く2つも食べてくださいました。笑

ええ~、当家では昔からこんな感じで、
母が来客に半強制的にものを食べさせるというオキテがあります。
あまつさえ母が同席している場合は、次から次へと別の食べ物が出てきたりします。
何も食べずに帰ることが出来る人はほとんどいません。
そんなわけで、小食の方が我が家に来る際はご注意ください。ほとんど拷問です。笑
[PR]
こんばんは。
フリマを目前に商品整理が遅々として進まないmidori_design(34歳)です。
それもこれも私の継続しない集中力と、あとからあとから出てくる不要品のおかげ。
(でもたのしーーー。気分はひとり学校祭。笑)
私の分だけでもこれだけあるんだから、きっとこの家本気で整理したら
半分以上・・・いや8割がた不要品だと思う。いやマジで。自信あります。

そんな中、本日は更に商品が増える。
日頃お世話になっている方がお宅の分とお友達の不要品を
わざわざ届けてくださったので、商品はかなりの山盛りに!
おおお~、なんか手持ち出店とは思えん量になって来たぞ。
すごいすごい、いいぞ~。(ってか大丈夫なのか?笑

届けられた衣料を眺めながら


母: 「あら~かわいいね、このチョッキ、○○さんの?」

私: 「いや・・・いくらなんでも私らの世代で、そういうベストは着ないよ・・・」
[PR]
昨日は先にご紹介した夢二的着物と、これまたずっと前に登場した黒に破れ亀甲の繻子帯、足袋を履けばまだまだいける時期なので足元は大好きな白下駄と、もろアンティーク!なコーディネートで豊平神社骨董市へ。
予想通り彩古堂さんが真っ先に気付いて声をかけてくれた。う~ん流石、ハデ系アンティークには目ざといわ(笑)! 札幌では指折りの骨董店「懐古堂」の奥さまにもすぐに発見されて、ひとしきり着物談義に花が咲きました。立ち話をしている最中にも、周囲の骨董屋さんやアンティーク好きのお客さんから次々声がかかって楽しい。だけどこの着物の仕入れ値がいくらだったかなんて申し訳なくて言えないなぁ。だってお店や骨董市で買ったら1万円はするもの。むはは。
その後も、新しくオープンした東札幌のリサイクル着物屋さんを覗いたりとめいっぱい着物日和を満喫して帰路につきました。

帰りのバスを降り自宅に向かって気分良く歩き始めた次の瞬間、前方から走ってきたヤンキー車からすれ違いざま、そこらじゅうに響き渡る馬鹿でかい声で叫ばれる。

「ゆかた かわいいねーーー!!!」

ゆ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
[PR]
M氏との電話の途中、別の電話で弟さんと連絡をとる氏の台詞を聞くともなく聞いていると

『うん、いま近くまで来た。

あーはいはい、近くに「ごはんの国」っていう弁当屋があると。うん。


それじゃ「ごはんの国」の前で


待ち合わせってことで。



チキショー、いいな~。私も1回誰かに言ってみたい。

「待ち合わせはごはんの国で」
[PR]