2005年 06月 07日 ( 1 )

ひょんなことがきっかけで、この3月から中学浪人時代の恩師・池上公介先生の主催する勉強会「池上未来塾」に参加させてもらっている。月に一度、北海道の政界から財界、最先端のITビジネスから種々のクリエイティブに至るまで様々な業界の第一線で活躍するゲストを迎えて開催されるこの会は、これまでそのような機会を全く持たなかった私にとって大いに刺激的だ。塾生は30〜40台の若手経営者が中心で、いずれ劣らぬ実力派揃い。偉大な先代社長をお父上に持つサラブレッドも数多く、私にゃ今まで生きてきてこのかた全く縁のないようなケタ数の資産額や事業話がポンポン飛び交うようなミラクル・ワールド(笑)。名古屋ならば確実に破産、稼ぐどころか金を食いつぶすだけの怒濤の四姉妹を抱えた庶民家庭出の私が何故ここにいるのかと、ときたま自分でつっこんでしまいたくなるようなワンダーランド(自分でも何が言いたいのかわかんなくなってきた)。
私が勝手にねえさんと慕っているプロダクトデザイナー・伊藤千織さんは、3月に私が初めて例会に参加したその席でいきなり幹事指名を受けてしまった4月例会の開催にあたり、共同幹事をして頂いた方なのだ。とっても素敵なひとなんだから。

つづき。
[PR]
by midori_design | 2005-06-07 21:57 | つれづれ時録